ネイティブスピーク

 

英会話でよく使われるリエゾンを39パターン収録している

 

 

英会話を学びたての日本人がネイティブ同士が会話を聞いていてよくあるのは、単語が聞き取れずに何を言っているのかわからない時があると思います。

 

 

これは、リスニング力の不足もありますが、ネイティブ同士の会話を聞き取れない原因の1つとしてリエゾンという現象が挙げられると思います。

 

このリエゾンとは話すときの英単語と英単語がくっ付いて発音されることを言います。

 

例えば、I want to go home (家に帰りたい)は、ゆっくり発音すると、アイ ウォントと言いますが、リエゾンだとアイ ワナとなります。

 

このI want という単語は、英会話を勉強する上で良く出てくるのでリエゾンでも理解することができますが、あまり使われない単語をネイティブ同士の会話でリエゾンで言われると聞き取れない場合が多くあります。

 

ネイティブスピークでは、ネイティブが実際に会話するときによく使うリエゾンを39パターンを収録してあるので、英会話の勉強に役立ちます。

 

ケイトリン先生がゆっくりとした発音とリエゾンを使った早いスピードで英文を読み上げるので何度も映像を見ることによって理解力が深まります。

 

日本にいるとネイティブスピーカーが話すリエゾンを聞く機会も少ないと思います。

 

リエゾンで発音される英会話を聞き取るには、まず慣れる事が大切となるのでネイティブスピークに収録されているリエゾンを繰り返し聞いて勉強すると上達も早いです。

 

 

 

TOPへ戻る

英会話でよく使われるリエゾンを39パターン収録している関連ページ

ネイティブスピークはCG映像を見ながら発音を学べる
ネイティブスピークで英語の発音を学ぶスコットペリーのネイティブスピークを詳しくご紹介します。
ネイティブスピークは英会話の発音を良くする
ネイティブスピークで英語の発音を学ぶスコットペリーのネイティブスピークを詳しくご紹介します。